印刷

硬式野球部

 

硬  式  野  球  部

【近況報告】
10月26日は本校の開校記念日で授業がありませんでした。
毎年、野球部OB会のご協力により大会で使用するような球場を1日借りてくださいます。
今年は、八王子市の上柚木球場にて強豪私立高校をご招待して、3試合みっちりと実戦経験を積むことができました。
選手は、全員が試合に出場しました。

さて、このHPを見てくれている中学生の皆さん。
そろそろ、進路選択の最終段階に差し迫っていると思います。
そこで、進路選択の材料になればと本校硬式野球部の特徴を少し述べさせて頂きます。
現在、1年生19名、2年生12名、女子マネージャー2名の33名で活動をしております。
硬式野球経験者は各学年に2名程度でほとんどが軟式野球出身です。
まだまだ発展途上の選手がほとんどですので、「選手育成」にはこだわりをもっています。
計画的なトレーニングや測定、トレーナーによる運動指導、動画を利用した動作分析、自主的で効率的な練習メニュー、
そして、全員に実戦経験を積ませるということを大切にしております。
それは、投手ならイニング数、野手なら打席数をある程度確保しないと成長しないという考え方に基づくものです。
なので、本校の野球部には技術が未熟だから試合にほとんど出場できないという選手はいません。
技術が未熟だからこそ、一定の試合経験が必要だと考えています。もちろんその先は競争ですが。
高校野球ができる27カ月トータルで成長し、高校野球の次のステージでも野球が続けられるようになることを目指しております。

中学生の皆さん、体調に気を付けてラストスパート頑張って下さい。

10月26日、上柚木球場にて


【秋季ブロック予選の結果】

9月16日(日)修徳高校とブロック代表決定戦をおこないました。
結果は、 狛江 1-2 修徳 で敗退しました。

代表決定戦のランニングスコアはこちら

これで、2018年の公式戦は全て終わりました。
過去、甲子園出場8回の修徳高校と1点差のゲームができたことは成長です。
しかし、この接戦をものにしてこそ、一つ上の段階に進めるのだと思います。
そういった意味では、とても悔しい敗戦となりました。
この悔しさを忘れずに、春に向けて頑張りたいと思います。

<2018年メディアに取り上げられたもの> ※ リンクをクリックして下さい。
第100回 全国高等学校野球選手権記念大会
【チーム紹介動画】 

【1回戦 対穎明館高校戦レポート】

【2回戦 対中大杉並高校戦レポート】

<秋季大会写真>
 




【夏季休業中の活動】
○ 夏季遠征 群馬・長野
  
宿泊遠征をおこないました




○ 体験練習会 
  昨年を大きく上回る、73名の中学生が参加してくれました。




○ 練習試合
  24日間、47試合という数多くの実戦経験を積むことができました。


【夏季大会の結果】

 
2回戦 狛江 7-2 穎明館
3回戦 狛江 10-9 中大杉並
4回戦 狛江 4ー7 国分寺

惜しくも4回戦敗退となりました。ご声援ありがとうございました。
新チームは、夏の悔しい敗戦の胸に秋季大会に向けて始動しております。
部活動見学は随時受け付けておりますので顧問にお問い合わせ下さい。
 

< 近 況 報 告 >
 狛江高校硬式野球部です。
 新入生を迎え、3年生にとっての最後の大会となる夏季大会に向けてスタートを切っております。今年度は、例年に比べて多くの1年生が入部してくれました。現在、3年生12名、2年生12名、1年生19名の選手が在籍しており、日々の活動もより一層の活気がでたように感じます。
 春季大会敗戦後の練習試合では、甲子園出場経験のある強豪校に対しても互角以上の戦いができました。しかし、まだまだ弱い面がでることもあり、一日一日の練習を大切に気を引き締めて活動をしています。
 部員数の増加に伴い、夏季大会まではチームを2つに分けてより多くの実戦経験が積めるように活動をしています。遠征に出てることも多々ありますので、練習や練習試合の見学をご希望の際には、野球部顧問までお問い合わせ下さい。
 
○ 施設紹介
野球の試合とサッカーの試合が同時にできる都立高校トップレベルの広大なグランド





グランドのすぐ横は多摩川の河川敷という部活動に打ち込むには最適





○ 主な指導スタッフ
責任教師 外尾 寿哉(数学科)
9年間に渡り、都立雪谷高校で野球部を指導。部長、監督を歴任し、東東京大会準優勝やのちにプロ野球入りした選手の指導を経験。
 
監督 西村 昌弘(保健体育科)
異動により、平成29年度4月より狛江高校着任。秋季大会より監督就任。
<指導歴>
都内の強豪中学硬式野球クラブチーム(リトルシニアリーグ) … 4年間
アシスタントコーチとして指導。その間、全国優勝やのちにプロ野球入りした選手の指導を経験。
都内強豪私立高校 … 5年間
助監督、コーチとして指導。西東京大会準優勝やのちに大学トップレベルのリーグ(東京六大学、東都大学など)で活躍する選手の指導を経験。
都立豊島高校軟式野球部 … 3年間
監督として指導。
ブルペンを手作りするところからチーム作りを始め、就任2年目には秋季東京大会準優勝、関東大会ベスト8。
 
○ 活動日及び活動内容
火曜日から日曜日(月曜日は休養日)
日曜祝日及び授業の無い土曜日は、練習試合
長野遠征、新潟遠征を実施
 
アスレチックトレーナーによる動き方の指導やメンタルコーチによるメンタル講習を実施
コンディション管理、身体作りなど強固な「個」を作る指導。私立の強豪校が何をやっているのかを実際に体験したからこそ、その取り組みを都立高校バージョンにして実践しています。




○ 昨年度からの取り組み

理学療法士の協力により、専用ソフトを使った動作解析を実施。
科学的で合理的な技術の習得を目指しています。



 

<平成29年度の活動>
 
 10月24日(火)は江戸川区営球場でナイター試合。10月26日(木)開校記念日はOB会の協力により府中市民球場で球場練習と練習試合をおこなうことができました。
 平日にも関わらず、このような場を与えて頂き、感謝しかありません。
 試合をしてくださった学校もとても力のあるチームで良い経験をさせて頂きました。この経験をこの冬場の練習に生かし、まずは来年の春季大会で結果が出るよう活動していきたいと思います。





 
 


 


大会成績

[平成29年度]

第99回全国高等学校野球選手権大会 西東京大会
1回戦  狛江4-7國學院久我山
ご声援ありがとうございました。

秋季東京都高校野球大会 一次予選 決勝戦進出


[平成28年度]



第98回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会四回戦進出



関係者の皆様、応援ありがとうございました!
 


[平成27年度]



第97回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会四回戦進出
 

[平成26年度]

 

秋季ブロック予選代表

 

東京都本大会 二回戦進出

 

 [平成25年度]
 
第95回 全国高等学校野球選手権記念大会 4回戦進出(第4シード)
 
春季東京大会 ベスト16

 

 

 

 

〒201-0013 東京都狛江市元和泉3-9-1
電話 : 03-3489-2241 ファクシミリ : 03-3489-9312