印刷

学校長からのメッセージ

学校長からのメッセージ

 
進学指導研究校に指定されました。

 

 この度、本校は、東京都教育委員会より「平成30年度進学指導研究校」に指定されました。この制度は、都立高校の進学指導の充実を図ることを目的に、教科指導及び進学指導の実践力を高める学校を指定するもので、本校は無事に指定を受けることができました。
 本校は、これまで、来るべき高大接続改革に伴い、英語の4技能を図る民間試験の導入に備えるため、東京都より英語教育推進校の指定を受け、全生徒が各学年でGTECを受験し、英語の4技能の伸長を測る仕組みを作り上げてきました。
 今年度からは、進学指導研究校として、今春の新入生が3年次に初めて受験する大学入学共通テストについて、試行調査(プレテスト)等の問題を分析し、授業改善に活用するとともに、定期考査等の出題にも反映させていく取り組みに着手していきます。本校の取り組みは、ホームページ等を通じて、随時ご紹介してまいりますので、ぜひご期待ください。

 
  平成30年5月1日
 
  東京都立狛江高等学校 校長 平野 篤士


 


 

 着任のご挨拶
 この度、東京都立狛江高等学校に着任をいたしました校長の平野篤士と申します。どうぞよろしくお願いいたします。本校は昭和48年、この狛江市に生まれ、これまで地域とともに発展してきました。地域の皆様からは、本校生徒の明るく規律正しく、そして挨拶がしっかりできること、また勉強にも部活動にもメリハリをつけてきっちり取り組む姿勢が近年、特に高く評価されています。狛江高校は全日制普通科の高等学校として、これからもますます発展し、飛躍していきます。
  学校生活においては、高い次元での文武両道の実現をめざし、そのため部活動や学校行事が大変盛んです。昨年度も第5回日本ダンス大会において、全国優勝を遂げたダンス部や東京都高等学校文化祭日本音楽部門第26回中央大会優秀賞(第一位)受賞の箏曲部をはじめ、多くの部活動が活躍し、公孫樹祭(文化祭、体育祭)や合唱祭などの学校行事も盛大に行われました。生徒たちの学校生活への満足度も高いレベルを維持しています。
  進学指導においても、本校はこれまで、いわゆるGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、法政、中央)に代表される首都圏の上位私大進学に強みを持ち、GMARCHには、毎年150名前後の現役合格者を輩出してきました。近年では、これに加えて首都圏の中堅国公立大進学を目指す生徒も増加し、過去3年は、毎年2桁の生徒が現役合格しています。
  今年度の新入生からは、これまで27年間続いてきた大学入試センター試験に代わって、大学入学共通テストが導入され、英語では4技能を評価する民間の資格・検定試験等の活用が始まります。しかし本校では、今年で30年目をむかえるオーストラリアのキラウィ高校との交換留学制度など、国際理解教育に長い歴史と伝統を持ち、英語の4技能については、いち早く東京都教育委員会から英語教育推進校の指定を受け、リスニング・スピーキングを含めた民間の試験を導入しています。また大学入学共通テストについても、プレテストを分析・研究し、授業等にフィードバックする取り組みにも着手しています。
  本校のこうした取り組みについて、学校見学会や学校説明会で詳しくご説明をさせていただきます。ぜひ足をお運びくださいますようお願いいたします。
 
  平成30年4月10日
 
  東京都立狛江高等学校 校長 平野 篤士
  
〒201-0013 東京都狛江市元和泉3-9-1
電話 : 03-3489-2241 ファクシミリ : 03-3489-9312