印刷

国際理解講座(留学生が先生)

 

「留学生が先生!」教育プログラム

 

平成29年度

平成29年7月13日(木)に、9人の留学生講師の方をお招きし、学年ごとに各クラスに分かれて

国際理解講座を行いました。

母国の国旗、歴史、日常生活の様子、文化、食事の話しだけでなく、挨拶や握手のしかたの作法

や民族衣装の試着、楽器の演奏など、たくさんの興味深い内容について知ることができました。

 

来校していただいた9人の留学生講師
 
<カザフスタン>
 
<中国>
 
<インドネシア>
 
<ベトナム>
 
<メキシコ>
 
<インド>
 
<アメリカ>
 
<ブラジル>
 
<ロシア>
 



 

平成28年度

 

平成28年7月19日(火)に公益財団法人 国際理解支援協会より9名の留学生の先生方をお招き

し、本校で国際理解講座を実施しました。各クラスに1名の留学生をお迎えし、それぞれの国

について講義をして頂きました。

当日は、国際交流員が中心となって留学生と交流しました。

 

  

タイの民族衣装を体験します。

 
 
セネガルの暮らしについて学びます。
 
 
アルジェリアという国について知るのは、多くの生徒にとってこの日が初めてでした。
 
 
狛江高校で中国語を学んだ生徒は、特に興味深く講義に聞き入っていました。
 
ウズベキスタンの歴史や人々の暮らしを、学びました。

 
 
留学生のみなさん、心に残る一日をありがとうございました。




平成27年度

 

 平成27年7月16日(木)に、「留学生が先生!」教育プログラム(国際理解支援協会主催)を

利用して9人の講師の方に来ていただき、母国の文化等に関して講演をしていただきました。

 

 

 

 
 日本で音楽の勉強している中国の留学生に、中国の音楽に関する話を聞きました。
 
 
 ベラルーシの話を聞きまおした。ベラルーシは非常に森が多い国だということを聞きました。
 
 
 中国の話を聞きました。同じ漢字が、日本と中国では別の意味になることがあるそうです。
 
 
 エジプトの話を聞きました。エジプト人は色々な人種の方がいるそうです。
 
 
 イランの話です。首都のテヘランの話を聞きました。イラン人は外国人に非常に優しいそうです。
 
 
 アルメニアの話を聞きました。アルメニア語は語順が自由に変えられるそうです。
 
 
 韓国の話を聞きました。韓国の食べ物の話を聞きました。
 
 
 シリアの話を聞きました。1日に5回の礼拝があり、朝の3時が1日の最初の礼拝だそうです。

 

 
 キルギスの話を聞きました。キルギスの遊びや料理の話を聞きました。

 

それぞれの国々の新鮮で有意義なお話をしていただき、生徒も集中して話を聞いていました。 

 

 

 

 

 

 平成26年度

 

 

 

 平成26年7月17日(木)、国際理解支援協会主催により、8名の留学生を講師としてお招きし、

全学年対象の
国際理解講座を開催しました。

 

 

 

アメリカの話を聞きました。アメリカの卒業式の話を聞きました。

 

イランの話です。生徒がイランの民族衣装を身に着けました。

 

パラグアイの話を聞きました(講師の先生は左端です)。生徒がパラグアイの衣装を

身に着けました。

 

フィンランドの話を聞きました。白夜と極夜の話を聞きました。

 

ブラジルの話を聞きました。ブラジルと日本との繋がりに関する話を聞きました。

 

ロシアの話を聞きました。ロシアの伝統料理の話を聞きました。

 

韓国の話を聞きました。簡単な韓国語を学びました。

 

中国の話を聞きました。日本語と中国語の漢字の読み方は違うようです。

 

 

異文化に接する良い機会になりました。また、留学に関するアドバイスもいただき、生徒にとっては

非常に有意義な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

平成25年度 

 

 

 

平成25年7月16日(火)から18日(木)にかけて、

全学年を対象とした国際理解講座が開かれました

 

民族衣装を身にまとい、異文化体験をしています。みんな楽しそう!

 

生徒もよく集中して、話を聞いています。

 

海外に目を向け、視野を広げる良い機会になりました。

〒201-0013 東京都狛江市元和泉3-9-1
電話 : 03-3489-2241 ファクシミリ : 03-3489-9312