印刷

キラウィ・狛江高校 姉妹校提携30周年(記事)

キラウィハイスクールと狛江高校が姉妹校提携を始めて今年で30周年を迎えたということで、豪州の地元の新聞社から取材を受けました。その内容がネットニュースで掲載されています。
 
Kirrawee High School’s Sister School partnership marks its 30th anniversary
 
 ニューサウスウェールズ州シドニー近郊にあるキラウィ高校が、日本の狛江高校との姉妹校提携を始めて今年で30年目を迎えた。これは州内で最も長く続いている交換留学生プログラムの一つであり、過去30年間で、両校合わせて1,500人もの生徒達が交換留学を経験してきた。日本語を勉強している生徒達が、現在日本からの留学生を受け入れている。一方、秋にはキラウィの生徒達が姉妹都市を訪れ、日本の伝統文化に触れながら2週間を過ごす。彼らは日本の高校で、現地の高校生と同じように日常生活を経験するが、それは日本語能力に磨きをかけるのに役立っている、とキラウィ高校の教諭であるエマ クアンは述べている。
「この経験が強い絆を新たに生み、お互いの国を訪問した後も長きにわたり維持されている」と彼女は言い、「言語を学ぶ最良の方法は、そこに住み、あらゆることを経験することだ」と強調する。
 
キラウィ高校はまた、8月10日に記念樹を植える式典を行う。両校の団結を示すために、イロハモミジ(a Japanese maple)と
バンクシア(an Australian banksia)が学校の校庭に隣り合わせて植えられる予定だ。
 
【原文】
One of the longest running student exchange programs in NSW was celebrated in cultural style at Kirrawee High School this month.
This year the school marked its 30th anniversary of its Sister School partnership with Komae High School in Japan.
In the past three decades, 1500 students have been part of the successful exchange program.
Students who study Japanese are hosting their global classmates, who are in Sydney to learn about education in Australia.
Then in return, Kirrawee students spend time in Komae, where they participate in flower arranging (ikebana) and sword fighting (kendo).
They experience everyday life in a Japanese school – and Kirrawee’s head teacher of languages Emma Quan describes it as enriching and skill-boosting.
 
“It is an experience which engenders strong relationships which endure long after the visits,” she said.
 
“The best way to learn a language is to live it, everyday and in every way.”
 
Kirrawee High School is also hosting a tree planting ceremony on August 10. A Japanese maple and an Australian banksia will be planted side-by-side on school grounds to mark the union between the two schools.



 
〒201-0013 東京都狛江市元和泉3-9-1
電話 : 03-3489-2241 ファクシミリ : 03-3489-9312